濃い紺色のポロシャツに白のプリントで視認性を向上

濃い紺色のポロシャツに白のプリントで視認性を向上

PRESSスタッフは様々なイベントや会場で、取材や写真撮影を行います。
この際、スタッフであることが一目瞭然でわからなければ、セキュリティ上の問題になります。

穂呂放送 様

様々な展示会やイベント会場、場合によっては記者会見やスポーツ大会などで取材や写真撮影などを行うPRESSスタッフ。
多くの人々が知りたい新鮮な情報や印象的な写真を届けるのに欠かせない大事な仕事ですが、非常にデリケートな仕事でもあります。

情報を扱う特性上、会場に入ることはもちろん、個人や企業を取材する際にもきちんとした許可が必要ですし、PRESSスタッフを偽装した窃盗や産業スパイなどの犯罪も考えられますから、セキュリティに配慮することが非常に重要です。
こうした事情から、PRESSスタッフは身分証明のために腕章を着用したり、胸にネームカードを付けたり、首から許可証を提げていることが一般的ですが、角度や距離によってはすぐにPRESSスタッフかどうかが分からない場合も考えられます。

一目でPRESSスタッフであることが分かってもらえず、会場の警備員や取材先のスタッフから呼び止められり確認を求められたりしていては、取材業務を円滑に進めることができません。
特徴的なデザインのポロシャツを取り入れるなど、服装全体でPRESSスタッフであることを分かってもらう必要があります。

解決

作成のポイントと導入の結果

一番重要なポイントは、ポロシャツに「PRESS」という文字を大きくプリントすることです。

とにかく着用者がPRESSスタッフであることを分かってもらうことが重要ですから、必然的に「PRESS」が一番目立つようにプリントすることが必要になります。それに加え、所属も明示しないと身分証明になりませんから、着用者の所属する企業名も併せてプリントするようにしましょう。

次にポロシャツのデザインですが、イラストを用いることでぐっと視認性を向上させることができます。特に、取材時に撮影も同時に行うスタッフの場合は、カメラのイラストをプリントすると、周りから自分が何者であるかが分かってもらいやすくなります。

視認性やセキュリティ上の問題解決以外のポロシャツのメリットとしては、1枚からでも制作できることにあります。
PRESSスタッフが何十人も取材にいくというケースはあまり考えられませんから、大量のロットが必要となる制服を作ることは現実的ではありません。
ですから、手軽な価格で1枚から制作できるポロシャツは大変費用対効果の高い解決方法なのです。


トップへ戻る